国際カップルエピソード 日本人妻Aさん x シンガポール旦那Yさん

 

Q: 結婚何年目ですか?
A: 8年目です
 
Q: 結婚した当時の年齢を教えてください
A: 妻Sさん:27歳 夫Dさん:33歳
 
Q: 出会った場所は?
A: 会社(日本)
 
Q: 初デートの場所は?
A: 会社近くのバー
 
Q: 交際期間はどのくらいでしたか?
A: 1年くらい
 
Q: ずばり!プロポーズの言葉は?
A: 結婚してくれる?(弱気めに)
 
Q: 結婚式はどこで?何式で行いましたか?
A: セントーサのホテルで証人の前でサインをする儀式と食事だけの簡単なもので済ませました
 
Q: ハネムーンはどへ?
A: モルディブ
 
Q: 相手の一番好きなところは?
A: よく気を使ってくれる
 
Q: 相手になおしてほしいところはありますか?
A: 仕事の話が長くてちょっと聞くのが疲れる時がある
 
Q: 日本のいいところはどこだと思いますか?
A: 四季折々の景色、旬の食べ物
 
Q: シンガポールのいいところはどこだと思いますか?
A: ずっと夏だから衣替えがなくどこでも割とカジュアルで楽ちん
 
Q: 国際結婚のいいところはどこだと思いますか?
A: 異文化を深く知ることができる点中華系移民の歴史背景、食文化、宗教や物の考え方、なかなか興味深いです
 
Q: 国際結婚の大変なところはどこだと思いますか?
A: 価値観を擦り寄せるのが同じ文化の人同士のカップルより大変かもしれない。例えば架橋は母親を大事にするのが徳と考えている男性が多く家族の中で姑の権力が大きく、嫁と孫を支配したがる
 
Q: 普段の会話は何語ですか?
A: 日本語と英語です
 
Q: カルチャーショックだったエピソードはありますか?
A: 綺麗好きでシャワーを浴びないとベットには座ることすら出来ない事。シャワーしないでゴロゴロしたい時は直に床に寝ててビックリ。絨毯とか埃になるから嫌いだそうです。
 
Q: 二人の思い出に残るエピソードを教えてください。
A: モルディブの海。スノーケルで、大きなサメや亀と一緒に泳げて感動しました
 
Q: 相手にしてもらってうれしかったことはなんですか?
A: 生命保険への加入ですかね(笑)

国際結婚を考えている方へメッセージ シンガポール男性は結構シャイで一途な人が多いかなと思います。働き方についても、残業は殆どせずに寄り道しないで帰ってきて子供の世話の分担もしてくれる人が多いし共働きへの理解もすごくあるので子育てしながら働きたい人にはうってつけ。ただ、姑の過干渉で悩む日本人嫁としては、旦那さんの実家とはなるべく距離を置くが吉だとおもいます。